人気ブログランキング |

夢のなる木

無医村なんて他人事だと思っていた。
でも、私が住む滋賀県湖西地域は、ある意味「無医村状態」だったのだ。
その人のところを訪れたのは、やっぱり散歩の途中だった。
そこは、「夢の木」という精神障害者のグループホーム、授産施設だ。その人は、3年ほど前から施設を提供し、運営している。
「今でもここはその分野では無医村の状態のまま。外来はあるが、入院できないので、ほとんど意味をもってない」と。
湖西地域は精神障害者向けの施設もなく、精神障害者もその家族も閉じこもらざるを得ないという。
その人のもっぱらの仕事は、本人と家族を閉じこもった状況から、外へ引き剥がすこと。もう一つは無策の自治体相手に、教え導くことだという。
その人は以前、病院に勤務していたが、
精神障害者への「治療」というアプローチに限界を感じ、
理想を求めて、比良にたどりついた。
森の中で過ごすこと、自然を相手に仕事をすることに、
症状の改善や自立へのステップの大きな可能性を見い出しているという。
今年の冬は記録的な低温が続いたが、
その施設は大きな暖炉があり、本当に暖かい。
明るい光もさしこみ、ゆったりと時間が流れる。
強い意志でここまでたどりついた、
その人そのものが表れた建物だ。
by mesonbox1 | 2003-02-01 17:55