人気ブログランキング |

女、子どもに外国人。

メソンのある志賀町北比良の北隣に
南小松という集落がある。
私たちの自宅はそこにあるのだが、
[野村太鼓]がそこに古くから伝わっている。
伝統芸能というとその担い手は集落の男たちと男の子、
というイメージだが、ここはどうも違う。
この南小松は[近江舞子]という琵琶湖最大の水泳場があり、
様々なイベントで[野村太鼓]の出番となる。
今日も長女が通う地元の小学校の音楽発表会があり、
野村太鼓保存会が招待され演奏した。
総勢32名。演奏の柱となる大人は全て女性。
中にはメソンのスタッフでもあるブラジル人女性
(ちなみに北比良在住)もいる。
その他は子どもたちだが、その9割は女の子だ。
もちろん平日の午前中だから、
男たちは仕事で太鼓どころではないという事情もあるのだろう。
[虫送り][雨乞][祭り]など和太鼓の勇壮な響きを
この女性と女の子たちがになう。
様々な経過と事情を抱えているのかもしれないが、
このメンバーを見ていると
この保存会のオープンな姿勢にいつも感心してしまう。
性別はもちろん、居住地や国籍までも超越して
伝統の太鼓が継続されているのだ。
わたしもブラジル人女性によく「いっしょにやろーヨ」と
よく誘われるが「いやー、どーもねー」などとお茶を濁している。
それはともかく機会があればぜひ、
[野村太鼓]を観賞してほしい。
by mesonbox1 | 2004-07-01 16:24