人気ブログランキング |

何かとお騒がせのバス。

c0047201_1542108.jpg
この10月からいわゆる[ブラックバス]をメニューに載せはじめた。
琵琶湖では何かと話題にのぼることの多いこの魚だが、食べる機会はほとんどない。
滋賀県では水あげされた外来魚を買い上げ、肥料など再資源化に取り組んでいるが、
そのなかの一部は県関連施設のレストランで食用にも使われているらしい。
また、料理コンテストなども開催され、
食用利用促進も試みられているが、
消費者への流通すらされていないのが現状だ。
だからメソンでも
志賀町にある漁港から大きなのもが連れたときに連絡をもらい、
譲ってもらいに走るのだ。
味よりもさまざまな議論ばかりが先行している魚だけに、
お客様も興味をもって「食べてみようか」という感じで注文される。
一言でいえば、「おいしい」。
身がしっかりした白身魚。
特にクセもなく、評判もいい。
このブラックバス、駆除の効果なのか昨年の漁獲量は
前年比40%ほど減少した。
いまは生態系にさらに大きな影響を及ぼすといわれている
ブルーギルの増加が著しい。
先日、お客様に「ブルーギルは出さないの?」と聞かれた。
スタッフの誰もが食べたことのないこの魚、
メニューに載る日はやってくるのか?
by mesonbox1 | 2004-10-21 15:37