人気ブログランキング |

5時間半の会議。

c0047201_7223914.jpg休憩なしで5時間半の会議。
いまどき常識では考えられない長さだ。
その日のメンバーは7人。
平日、この長丁場にいつづける人たちの集まりは
「かんじる比良」の実行委員会。

もちろん「ヒマな人々」の集まりではない。
僕自身も予想外に長引いたので、その後の予定をキャンセルしたり、
大幅に時間変更を依頼したり。

それでもみんな議題がなくなるまで、
熱心に議論を続ける。
それを支えるのは「比良をもっと魅力的にしたい」という情熱だけなのだ。


上の写真はメソンの近くにある、とある彫刻家のアトリエの外観。
ある日、「春のイベントにアトリエを公開していただけませんか?」と依頼にうかがった。
「アトリエをここに決めたのは、家族でメソンさんに食事にいったのがきっかけ。
周辺を散歩していたらこの土地にであった。
アトリエに遊びにきた私の教え子もこの土地が気に入って移住。
京都にいる彫刻の仲間も『うらやましい』と帰っていく」と。

静かにそんな連鎖が進行している。
その連鎖のきっかけの一つになっていることはうれしい。

春の「かんじる比良」は、4/12~/13に開催します。
企画の全貌はあと一か月もすれば、どこかでご覧いただけるでしょう(笑)。
by mesonbox1 | 2008-01-30 08:27