そして合鴨がいなくなった。

c0047201_1014520.jpgこのあたりの稲から穂が出始めた。
雑草や虫を合鴨に食べさせ無農薬・有機栽培に取り組む
Hさんの田んぼから、合鴨が姿を消した。
今年のお役目が終わったのだ。

写真は田んぼの中に建てられた
カラになった合鴨くんたちの小屋だ。
今年Hさんが導入したのは、これまでよりも体が大きく、
食欲旺盛で米づくりのためによく貢献してくれたらしい。

自然のえさを食べ、運動量豊富な合鴨たちは、
いま某所の合鴨飼育のプロのところで、
おいしい肉になるために生育中なのだ。

毎年、Hさんの合鴨肉もわけていただくが、
9月上旬には入荷予定。

「合鴨が育てたオーガニックの玄米」と「田んぼが育てた合鴨肉」が
今年も同じメニューの中で登場する。
完全に数量限定なので、早めにお試しください。
[PR]
by mesonbox1 | 2007-08-10 10:30