[披露宴]を考えてみる!

c0047201_12303679.jpg「どんな披露宴・パーティーにするか?」を考えはじめたカップルに、最近よくお聞きすることがある。

「どうしてお二人の結婚に、多くの人たちをお招きするのでしょう?」

すでにある「答え」を用意して質問するわけでなく、
この時考えたことが「披露宴の目的」をはっきりさせる作業に結びつくのだ。

先日あるカップルに、この質問をしてみた。
彼女が少し考えてからこんなふうに答えられた。
(箇条書きすれば)
1、この二人が結婚することを報告する
2、これまで支えてくれた親族・友人たちに感謝を伝える
3、「これからもよろしくね」というメッセージを伝える

これを聞いて思わず「すばらしい!」ともらしてしまった。

ちまたにあふれる結婚式をめぐる情報は、
「しきたり・マナー」「演出術」「節約術」などばかりで、
大切な部分が抜け落ちているような気がする。

そこを埋めていくことが、
ゲストにとっても本当に満足していただける披露宴にするために大切なことなのだ。

このお二人にとっては、この3つの目的を果たすために、
ゲストに何ができるかを考えることが
自分たちの披露宴のイメージを作り上げる第一歩になる。

そこがはっきりすれば、氾濫する「演出術」のなかでも何が大切なものなのかが判断でき、
それがなによりの「節約術」になるのだ。

「なんの演出らしきものがなくても披露宴ってできるものなんですね」
取材に来ていた結婚情報誌のスタッフがこんなことを言っていた。

そう。なんにもなくてもお二人の目的がはっきりしていて、
その目的のためにお二人が本番でもがんばれば
本当にいいパーティーになるのだ。


ただ、そこにはメソンならではの空間とゆっくりとながれる時間が必要、
ということを申し添えておきます。(笑)
[PR]
by mesonbox1 | 2007-07-17 12:33