人気ブログランキング |

でんりゅうはこわいこわい。

c0047201_11231392.jpgメソンで使うお米を分けていただいているHさんのたんぼに、今年も合鴨がやってきた。まだ羽が黄色いヒナが目につく。このHさん、食をめぐるあまりの惨状に疑問をもち、京都の大企業を退社。いきなり米作りをはじめて、今年で7年目になる。
c0047201_1124888.jpg
「今年になってたんぼの土が変わったのがよくわかる」合鴨農法によるオーガニックの米作りをスタートさせて4〜5年目だが、今年は糸ミミズがウジョウジョ。「土の生態系がようやく戻ってきたんでしょうね」

これまではとにかく「合鴨農法に挑戦」という感じだったのが、ようやく「合鴨農法によるうまい米づくりに挑戦」というレベルにステップアップという年になるという。
7年目の挑戦、といえば普通の仕事なら、「中堅」といったところだが、米作りにとっては7回目の経験でしかない。
自然を相手にする仕事の奥行きを感じてしまう。

Hさんのたんぼは、下の娘が通う保育園のすぐ近くにある。
帰宅の途中でたんぼの近くを通ると、奥さんがいらっしゃたので
見学させていただいた。
私が合鴨の写真ばかり撮っていると、
「この場面を撮っといてあげないと」と言われ撮影したのが下の写真。
このあたりは害獣避けに、たんぼのまわりに電流がながれる線を張り巡らす。
中へ入るために、その一部をはずしてもらったのだが、
こわごわ這いつくばってくぐり抜けようとしている姿だ。
by mesonbox1 | 2006-06-06 11:40