人気ブログランキング |

サーバー、サーバー、サーバー。

c0047201_11534393.jpg何となく傾向が知りたいと思って、
毎日Mesonのホームページのアクセス解析を見るようにしている。
昨日、そのページにアクセスしてみたのだが、接続不能。
何度やってみても、接続できない。
いやーな予感がして、Meson本体のサイトへ接続してみたが、
やっぱり見られない。
さらにいやーな予感がして、他のサイトへ。接続できる。
「ってことはー」そうサーバーに問題があるとしか考えられない。

自分でサイトを運営してないと知らないことだが、
うちのサイトのデータは「レンタルサーバ」の会社と契約していて
そこで預かってもらっている。そうしないとネット上で公開できない。
さっそくサーバー会社へ「おかしくなってないか?」と問い合わせ、
すると「復旧作業に取り組んでいるが、復旧できない可能性もある」と。
「ぎゃー!」と声を発してしまったのが、18時21分。
「代替のサーバーを提供するので、そちらへ移動してほしい」
「その作業にかかるコストは負担するのか?」
「しない。会社が作業を代行した場合、コストは請求する事になる」
「アホか。それはスジが違うだろ!」
などとメールでやりとりしながら、刻々と時間は経っていく。

合間に、サイトの制作を依頼してきたOさんにも「どうしたらいい?」とメール。
「もう会社を変えたら?」
「えーーーー!?」

サーバーが復旧できないってことは、単にアクセスできないだけでなく、
預けてあったデータそのものが回収不可能ってことだ。
一瞬頭の中が真っ白になったが、最近サイトのメンテナンスをずいぶんしていたので、
念のためと思って1週間前に「バックアップ」をしていたことを思い出した。
ホッと一安心だが、アクセス不能なことには変わりない。

すぐに、Oさんに教えてもらった別会社へ申し込みの送信したのが20時55分。
こんな時間に、会社に人がいなくても仕方ないが、
運良く「データ移転の準備に入れる」と返信が来た。
元のサーバ会社には契約解除通告。
「銀行から必要な金額を振り込む手続きを終えたので、
必要な作業をやりきってもらえないか」と振込完了画面を添付して依頼。
そのやりとりをOさんに転送しながら、移転の作業をやりきってもらうように依頼。
この2人がすべての作業をやりきってくれたのが、23時52分。

その時点で、すぐにはアクセスできないことを私が認識。
「じゃー、どうしたらいいんだー」と三者に再度問い合わせ。
手段がわかり、元のサーバー会社に新サーバーが認識できるために必要な作業を依頼。
「作業は完了。ただ新サーバーが認識されるためには最大24時間かかる」
と返信がきたのが1時20分。

実に7時間。これ以上打てる手はなく、あとは待つしかない。
その間に子どもたちを風呂に入れ、夕ご飯を食べさせていた。

なぜ、私がこんなに焦ったか?答えは一つ。
それほど今のMesonには、
ホームページが不可欠な存在になっているからだ。
サイトがなければ、売り上げは数分の一に激減するとこは間違いない。

今日の午後、ようやく開通。「ふぅ〜」

元のサーバー会社には言いたい事は山ほどあるが、
深夜まで作業していただいたみなさん、本当にお世話になりました。
感謝します。
by mesonbox1 | 2006-03-15 11:55