家族の不思議。

c0047201_10180513.jpg















人は生まれてから死ぬまで、多くの人と出会う。

出会った人々と様々な関係を作りながら、
人は生きていくが、その中で「家族」には他とは違う特別な感覚を持つ。

「血」。
家族に特別な感覚を持つ根拠は、
「血」になるのだろうが、それが人になぜ影響を及ぼすのか。
「夫婦」という血のつながりがない男女が基礎につくられるのに。

仕事柄、さまざまな家族の姿を見るが、
誤解を恐れずに表現すれば、
「家族バカ」的な様子に出会うたびに、
「家族の不思議」を感じる。

それは、他人事ではなく、
自分を始点にした家族はつくらないでおこうと思っていたぼくにも、
その要素は少なからずある。



あと1年強で、大学を卒業する長女は、
インターンシップ的にメソンにかかわりを持ちながら、
経営を担う準備をはじめる。

次女は、2年目で高校を辞めることを決め、
これからどう生きていこうか悩む。

わたしたちは、300年事業が継続する研究会をはじめた。

年賀状って、「家族バカ」表現の代表例なんでしょう。
不思議な慣習です。

[PR]
by mesonbox1 | 2017-12-13 10:22