人気ブログランキング |

滋賀ならではの資源や素材を活かす?


c0047201_18031578.png







1ヶ月ほど前に、滋賀県からご案内が届いた。
─────────────────────────

滋賀ならではの資源や素材を活かし、
心の豊かさや上質な暮らしぶりといった滋賀らしい価値観を持つ
商品・サービスを「ココクール マザーレイク・セレクション」として選定し、
県内外へ発信しています。

http://www.shigaplaza.or.jp/selection/

─────────────────────────

選定委員会事務局から「推薦するので、応募しませんか?」というお誘いなのだ。
(選定されたわけではありません)



「滋賀ならではの資源や素材を活かす」って、実は最近あんまり僕の頭にない。
それに「滋賀県」という言葉は使うが、自分にかかわりのあるエリアとしては広すぎて、
ほとんど意識したことがない。
「比良」「近江舞子」「旧志賀町」、せいぜい「湖西地域」が、
ぼくの意識にあるエリアなのだ。



メソンを立ち上げて4~5年目ぐらいまでは、
「地産地消」だとか、「グリーンツーリズム」だとか、「スローライフ」だとか、
そんなことばっかり考えて、突っ走ってきた時期がある。

理念先行で、肩をいからせ、形にしようと必死だった。
それがお客さんに求められていることだと思っていた。

あるとき壁にぶち当たった。
その壁を破るのに、どうしたらいいか検討がつかない。

試行錯誤の期間、メソンを訪れてくれるお客さんに聞いていた。
(今でも聞いてます)

「どうしてメソンへお越しに?」「メソンはいかがでしたか?」
「メソンを出た後、どんなご計画ですか?」

僕たちがやるべきことは、
ほとんどがこの会話の中から生まれている。


今回のご案内をいただいて、
あまりに「滋賀」を意識していないことに気づかされたのだが、
まったく関係なく仕事してきたつもりもない。

ぼくたちがやっていることは、どう「滋賀」とかかわっているのだろうと、
考えるきっかけになった。

結論。
「滋賀ならではの資源や素材を活かす」ではなく、
「滋賀の資源や素材になろう」としているのだ。


オーベルジュメソンがあるから、滋賀を訪れる。
そんな存在でありたいと、思っているのだ。

かなり、生意気ですねー。









by mesonbox1 | 2014-08-19 18:06