オーベルジュメソンは、どこへいくのか?

c0047201_18315287.jpg
「情報革命で人々を幸せに」

壮大なミッションを掲げる孫正義さんの講演を聞きたくて、
「ソフトバンクワールド2014」へ。

孫さんの講演全文は下記からお読みいただけます。
http://logmi.jp/17247


ITテクノロジーの爆発進化で、
ワークスタイルとライフスタイルは激変し、
人間にしかできないクリエイティブな仕事と、
人間らしい暮らしを実現させるというお話。

孫さんは以前の講演で、
「幸せとは何か」「悲しみとは何か」についてTwitterで意見を募ったことを紹介。
悲しみについては「死・孤独・絶望」、
幸せについては「生きていること・自己実現・愛し愛されること」が
意見として多く寄せられたことを明かした。
そして、幸せの輪を広げていき、
悲しみを減らしたいと決意を述べている。


オーベルジュメソンの仕事は、
情報革命を推進することではない(笑)。

情報革命の成果物をきちんと取り入れて、
「人々の幸せ」に貢献することだ。


この「人々」とは、「お客様」だけでなく、
「わたしたち」も含めたい。


最近ある人に、「これからオーベルジュメソンは、どこへいくのか?」と聞かれた。
そのときは、うまく答えられなかったが、
いまなら「どこへもいきません」と答えるかもしれない。


いまやっている方向性に誤りはない(今のところ)。
方向を変えずに、より深く掘っていく。
どこをどう掘っていくかは、だいたい検討がついている。

そんな感じだ。


オーベルジュメソンは、情報革命の成果物を取り入れて、
ワークスタイルを変えていきます。

ワークスタイルが変わると、
私たちのお客様への向かい合い方が、変わっていきます。

「幸せ」をキーワードにしたわたしたちの本来の仕事へ、
エネルギーをより注げるようになります。



これがわたしたちなりの、
「情報革命で人々を幸せに」への取り組み方です。


来年2月にソフトバンクが発売するといわれるロボット[Pepper]が、
発売早々メソンで働いるかもしれません(笑)。



………………………………………………………………………………

お読みいただいているみなさんには、
「なんのこっちゃ」というブログかもしれません。

メソン部内向けの決意の表明だと、ご了承ください。


[PR]
by mesonbox1 | 2014-07-17 19:47