人気ブログランキング |

ハートマン来襲!?

c0047201_14522019.jpgひさびさにかっこいいCDに出会ってしまった。
「ジョン・コルトレーン&ジョーニー・ハートマン」
サックスプレーヤーとヴォーカリストの名前が、そのままタイトルになったCDだ。

ジョン・コルトレーンのCDは、これまでも何枚かをメソンで流していた。
そのうちの「バラード」の最終曲に、ジョニーハートマンとの曲「MY ONE AND ONLY LOVE」が入っていた。
仕事をしながらだったからか、何十回も流していたはずなのに、
この曲にまったく気づかなかった。
5分ほどの曲の内、最初の2分以上がベース、ピアノとのトリオ。
だから「そういう曲なんだ」と思いこんでいたんだろう。

ある時、「あれ?ヴォーカルがはいってる。誰なん?」
ジャケットで確認してみると、ジョーニー・ハートマン。
黒人で太く、艶のある声だが、ナット・キング・コールのような甘すぎない。
ちゃんとジャジーな感じだ。

この二人のどちらも引き立て役にまわることなく、
見事に調和している。
興味をお持ちの方はここで試聴できる。
オススメは3曲目。

しばらくメソンのBGMは、ハートマンに占拠されるだろう。
by mesonbox1 | 2005-06-27 15:45