「リーボーン」という会社。

大津市の北隣に、高島市という自治体がある。

前市長だった海東英和さんは、昨年8月に「リーボーン」という会社を設立した。
鹿やブラックバス、廃鶏など、
これまで税金を投入してまで廃棄してきた資源を
マーケットで高く評価してもらえるものへ「リボーン」して、
事業につなげようとする試みだ。

そんな試みを知ったのは、つい何週間か前だった。
「お話をうかがえませんか?」とお願いして、今日お会いした。

研究と試作の途上にあるのだが、
おいしい商品として仕上げるために、
実にていねいで緻密な準備をされている。


これまで、メソンでも扱ったことのある素材なのだが、
僕自身の幼稚さと素朴すぎな感じが思い知らされる感じだ。

「こういうものだって、おいしい季節がある。
無理しないで、季節限定で考えられたらいいんじゃないですか?」


海東さんはちょっとした時の人だ。
市長時代の手腕が評価され、
鳩山内閣の「事業仕分け」の「仕分け人」を務められた。
この4月からは、内閣府でこの仕事を常勤体制でされるのだという。

「えっ!? じゃあこの仕事はどうされるんですかー?」
「そうなんですよねー」

実に穏やかな表情だが、
「なんとでもしますよ」という自信もうかがえる。


知り合いの高島市民に海東さんについて聞いてみると、
一応に「優れた市長だった」という評判だ。
なのに昨年の市長選挙で敗れている。
「どうしてなんですか?」なんて余計なことも聞いてみた。

「高島市での事業仕分けが、旧体制での利権体質にメスが入ったので、
猛烈な巻き返しにあったということなんだと思います」と。

高島市には損失かもしれないが、
行政の外にいても存分に仕事をされる方なのだ。
[PR]
by mesonbox1 | 2010-03-15 19:41