『出逢い』という言葉。

c0047201_731385.jpgc0047201_7321537.jpgc0047201_732347.jpg













ある方の紹介で、「書道詩人 てらきち」さんがメソンにやってきた。
スーペリアルームのふすまに、書を書いてもらうためだ。

お気に入りの音楽をかけながら、目を閉じる。
頭に浮かんだ(降りてきた?)言葉を、
利き腕ではない手で書き上げていく。

書かれた文字は「出逢い」と「花」。



実はこの「出逢い」って言葉、少し前にぼくの頭にも浮かんでいた言葉だった。



あるご夫婦がご宿泊にいらっしゃった。
(前々回のブログに書かせていただいたお客様です。)
「どうしてメソンに?」とうかがうと、
「妻が大病して、退院したばかり。気分転換にどこかへいこうと。
でも遠くだと疲れてしまう。近くでゆっくりしようと」。
映画「おくりびと」のDVDを持ち込まれて、
お部屋でご覧になってもいたようだ。

人が泊りがけでどこかへ出かけようとするとき、
ほとんど何かの動機がある。
それは、そのご夫婦、あるいはご家族、友人だけがもつ物語の中から生み出されたものだ。


私たちのような仕事は、「一期一会」とか「出逢い」という言葉を使い、
だからこそのおもてなしをしようと心がけたりする。

でもそのご夫婦のお話をうかがっていて、
わたしたちが「出逢い」という言葉を使うことは、
実におこがましいことだと思った。

さまざまな物語を背負った方々に、心地いい場と時間を提供すること。
そのことに徹することこそ私たちの仕事だと。
決して「出逢い」ではないのだ。



なのに「てらきち」さんは「出逢い」と書いた。
このタイミングで、彼は「出逢い」という言葉に出逢わせたのだ。

この意味をしばらく考えてみたい。
[PR]
by mesonbox1 | 2009-04-09 08:18