Meson Mail

meson.exblog.jp ブログトップ

犬連れでのお部屋食は、慎重なチョイスが必要です。

オーベルジュメソンでは、
お部屋食でのフレンチのフルコースを提供できる客室がある。
お好みの音楽が流れる中、
大切な人たちと美味しい料理を食べながら、いい時間を過ごす。
このスタイルだからこそ、味わえる雰囲気がある。

この時間を、犬連れの方にも味わっていただきたいと願っている。
だから、部屋食かダイニングか、食事の場所をチョイスできる。

ただこのチョイス、飼い主の見極めがとても重要。
「うちのワンちゃんと、いっしょにごはんが食べられる!」と、
安易な判断は最悪の結果を招きかねない。


スタッフは文字どおり、一皿ずつ客室にお運びする。
テーブルセッティング→ドリンク→前菜→スープ→魚料理→肉料理→デザート→かたづけ。
これで、8回。さらに、ドリンクの追加、パンのおかわりなどが適宜。
コースによっては、さらに増える。
つまり最低でも10回は、客室に入る。

見知らぬ人間や人間の食べ物に激しく反応する犬は少なくない。
ふだんの暮らし方やしつけも様々。
私たちが客室に入ると、威嚇する犬・遊びたい犬が様々に反応する。

そのとき、どうなるか。
料理を食べるどころではなく、
鳴き声をいさめようとしたり、スタッフに向かおうとする行動を抑えようとしたり、
抑えきれないときには別室へ連れて行かねばならない。

これが、1回の食事だけで、10回繰り返される。
私たちの願いとは、真逆の結果となる。

私たちは、「大切な人たちと美味しい料理を食べながら、いい時間を過ごす」
このために、努力しているのに…。
なんてこった。

だからこそ、飼い主の見極めが大切なのだ。
よくできたワンちゃんをお連れの際の食事の風景は、とてもいいもの。

だが、みずからの飼い犬を決して甘く評価してはいけない。

我が家にも飼い犬がいるが、旅行には同行させない。
私たちの責任だが、「出来がわるい」からだ。




[PR]
by mesonbox1 | 2017-05-07 11:55

比良山麓の森にある オーベルジュメソンのオーナー日誌


by mesonbox1
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite