Meson Mail

meson.exblog.jp ブログトップ

メソンのウエディング前夜。

以下は、大幅にリニューアルを予定している
オーベルジュメソンのウエディングサイトの、
担当部分の原稿です。

─────────────────────────────────

前オーナーから、メソンを引き継いだとき、
そこにあったのは建物だけだった。
別業界で仕事をしてきた私たち夫婦には、
メソンで成し遂げたい目標も、それを実現させるノウハウもなかった。

あったのは、すでにはじまっている購入資金のローンと、
基本料金10万円の電気料金の支払いに追われる「あせり」だけ。


「早く、なにか始めないと」
とりあえず、前オーナーから紹介だけはされていた、
当時フリーでプランナー役をしていた女性と、
立ち上げの相談を始めた。



ぼくは独身の頃、結婚そのものに関心がなかった。
ましてや、結婚式に興味があるわけもない。

私たち夫婦が一緒に暮らしだしたとき、
知人に説得されて婚姻届をだした。

妻とその友人だけで準備された結婚式には出席し、
見かねた義父が準備してくれた、親族だけの食事会にも出席した。

文字通り出席しただけだけで、
おそらくその席の支払いも義父がしてくれたのだと思う。



そんな経験しかない僕が、結婚式にまつわる事業を立ち上げることには、
少なからず後ろめたさがあったが、背に腹は変えられない。

ホテルや式場で、なにが行われているのか、全く見たこともないので、
とある会場の「ブライダルフェア」なるものにもぐりこんだ。

衝撃的な体験だった。

「模擬結婚式」が始まった。
神妙な顔をした本物の牧師に向かって、
結婚するわけもないモデルの男女が入場して、神に誓う。
結婚しないのに……。
信仰心はないが、こんな行為が許されていいのか、と思った。
本当の結婚式すら、うそっぽさを感じさせてしまうではないか。

場所を移して「模擬披露宴」。
司会者がとつじょ、巨漢の黒人シンガーを呼びこみ、大音量でゴスペルを歌いだす。
あっけにとられる見学者に、踊りを強要しだす。

これが、当時イチオシの「演出」だったわけだ。

いたたまれず、会場から逃げ出した。



この異常さにだれも気づかずにいるのか?
ぼくの仕事は、まともな世界に引き戻すことかもしれないと思った。

オーベルジュメソンでは、自分たちにとって違和感のあることはすべて排除した、
普通の感覚でできるウエディングをめざそうと。

お二人とご家族にとって、
本当に意味のあることだけで、つくりあげられるように。



あれから、10数年。
さまざまなお二人と向き合ってきた経験から、
わたしたち独自の、とてもめんどくさいスタイルを
つくりあげていくことになります。














[PR]
by mesonbox1 | 2015-12-18 15:33

比良山麓の森にある オーベルジュメソンのオーナー日誌


by mesonbox1
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite